アラフォー2児のママが綴る、頭の中身赤裸々ブログ

アラフォー2児のママしてます。お金のことや育児のこと、おしゃれのこと、人付き合いのこと、なんでも赤裸々に書いてみます。読んでいただけるとうれしいです。

退職しました。

先日、会社を退職した。

正確には現在、有休消化中。

 

いや、ほんと、円満退社で良かった。

 

私が退職の意向を伝えてから、色々あった。

社長には、預からせてほしいと言われ、すぐに受理されず、グループ会社の社長には、

「とにかく好きなことやっていいから、これからも一緒にやっていこう」と、強い引き留めがあった。

でも、もう、身体がついてこない状況は深刻で、体力面でもう厳しいと伝えた。

 

 

会社のメンバーにも、まだ会社に受理されてない状況だったけど、今のどうしようもできない苦しさを伝えた。

涙を流してくれる子もいて、話しながら泣いてしまった。

 

営業の2人も、もう私がいなくなるなら辞めようかと思うと言っていた。

 

 

その後、沢山、お世話になった方にご挨拶させていただき、創業者にも逢いにいって、スタバで2時間ぐらい話した。昔の私の発言で、

化粧品の許可をとって何をしたいんですか?みたいなことを言ってしまって、それを、謝りたかったと伝えた。

でも、創業者は、とてもいい思い出で覚えていて、私には恥ずかしくて言えなかったけど、感謝してくれていて、営業の話のネタでも話してたみたい。

最後に2人で笑って話せて良かった。

そして、こんな私を採用していただいた感謝を伝えた。

 

私のこと、もったいないと言ってくれて、業許可とろうとしてる人いるから、もしかしたら、紹介するかも。と言われた。

 

 

その後、主要取引先であるお客様のところへご挨拶。一緒に浜松に工場を作ろうか、という話を持ちかけられた。でも、今の会社のこともあるので、すぐに返事はできず、もう少し休みたいと伝えた。本当、気にかけていただいて、ありがたいです。

 

 

そして最終日の昨日。

グループのメンバーが、サプライズでみんなを集めてくれて、花束とプレゼントをくれた。

ちょっと涙ぐみながら挨拶。皆さんとの出会いに救われたということを伝えた。

 

 

会社は辞める意向を伝えた後、転落する坂道はさらに傾斜を増し、債務超過が発覚。

私の後任の採用は無し。そして、社長が急に出社しなくなり、重度の鬱病と診断され、退職された。

 

 

真実なのか、実際はわからないけど、

なんとなく、辞めたいんだろうなとは、思ってた。

 

 

もしかしたら、私を頼りにしてくれていたかもしれないと思うと、心が痛んだ。

 

 

代わりに社長として、親会社の社長がきた。

私の最終日を知って、来てくれた。

本当に嬉しい。会社のこと、社長のこと、いろんな困り事を話した。

ありがたかった。

 

 

でも、今後、大変だと思う。

ここまで会社が育ったのに、もったいない思い。ある。

 

親会社の社長は、皆んなから良いことしか聞かないと言っていた。やっぱりね、と。

でも、現場で起きてることを知ってもらって、

これから、みるみる快進撃がはじまると思う。

 

 

最後、帰るとき、個別に挨拶まわり。

営業の2人が泣いてくれて、皆んなで玄関まで送ってもらった。

 

あー、がんばった。ありがとう。

この仕事、会社、メンバーが大好きだった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供を尊敬する

これからどれくらい生きられるだろうか。

 

自分は、何を、やりたいのか。

 

考えても答えてがでない。

 

 

 

ただ、ただ、我が子から溢れる無償の愛に脱帽し、尊敬する。

 

 

そんな、我が子に何もできていない。

 

 

しっかり、向き合って、愛情を注ぎたい。

 

 

子供の将来を、支えたい。

 

 

皆を健康にしたい。

 

 

 

一人で独立しようか。

インフルAからの覚悟

インフル流行も下火になる中、

 

身内も同僚も罹患していないのに、

 

普通に新規でインフルAの診断_| ̄|○

 

 

すぐに仕事どうしよう…の思考が頭を駆け巡り、同時に、自分は自由じゃないなと思い知った。

 

 

あきらめというか、覚悟というか、

一週間休む。

 

 

はい、決めた。

 

 

子供にも夫にも甘えることになる。

 

 

ただ、もう、全てに疲れていて、

身体が悲鳴をあげているのはわかっていた。

休める口実に安堵した。

 

 

明日、上司に連絡しよう。

 

 

息子が心配してくれて、何度も声をかけてくれる。

 

 

安心させてあげたい。

親のことが不安でずっとビクビクしてた子供の頃を思い出し、キュッとなる。

 

 

自分が人生で一番望んでいることは何か。

 

 

休んでる間にじっくり考えよう。

 

2019 新年の気持ち

抱負とか、目標とか、

考えてみてはいるけど、

 

浮かんでくるのは、不安ばかり、タスクばかり。

でも、とりあえず、楽しみなことあげてみる。

 

☆楽しみなこと

この正月休み。

発信して反応してもらう。

人に信頼してもらう。

子供の無償の愛を受け取る、与える。

子供の成長。

子供の良さを人に気づいてもらって褒めてもらう。

ピアノ。これから買う。

歌う。

久石譲コンサートに死ぬまでに行く。

 

 

 

なんとか、思いついた。

嬉しい。考えてるだけで。

 

 

今後のこと。

 

できれば、きちんと今の仕事続けて、

子供の手が離れたら、もう少し上のポジション頑張りたいけど、

 

それまでに会社の方針で首切られそう。

 

その前に、独立の準備かな。

しんどいな。

私はやっぱ社畜なんだな。

 

 

今のご時世、独立起業がエライとかかっこいいとかじゃない。

一つの会社を最後まで勤めあげることも、胸をはって、かっこいいことなのである。

 

 

本人に確固たる信念があれば、どちらでもいいのだ。

 

 

子供や家庭を大事にしたいも、

堂々と!

 

 

ここに、あえてネガティブは書かないようにする。書くと、キリがないので。

 

今日は伊勢神宮に参拝できた。

厳かな空気。

細胞を洗ってもらった感じ。

 

 

着実にに足を踏みしめて、今年も頑張ろう!

 

 

 

今、必要とされてる

今の私、

子供にも、会社にも必要とされ、

その度合いは、人生で最高記録なんじゃないかな。

  

一気に必要とされなくなった時、

強烈な寂しさがありそうで、怖い。

 

 

でも、その時はのんびり過ごすのだ。

 

 

 

今日も、社長から私に1番評価してると言われた。特別な思い入れがあると。

 

 

 

親会社の本部長も私のことを、あまり絡んでなくても素質がわかると言ってくれてる。

 

 

こんなに褒めてもらったことあったっけ?

 

 

大学の研究室では全く不真面目な私、何も期待されなかった。就職先が決まって教授にビックリされた。

 

 

新卒で入ったとき、工場長にバランス感覚のある子だから気にかけてると言ってもらえた。

 

 

あまり意味はわからなくとも、私をかってくれてるのは感じた。

 

 

そこから、いろんな先輩に認めてもらって、プロジェクトにも入って頑張った。

 

 

 

それでもそれでも劣等感の塊だった。

 

 

次の会社でまたサブリーダーに抜擢されるも

いろいろあって辞めた。

 

 

今の会社でも、必要とされる時期があって、されない時期があり、

出産前後は、嫌な仕事で本当に辛かった。

 

 

そのとき、別の資格というか起業をしようと思っていろいろ動いたが、自らの意思で自分を追い込むのがどれだけしんどいか、思い知った。

 

 

会社員があってるのかな。

 

 

上にたつポジションが、できると思わなかったけど、できてる。

 

 

面談

社長との面談。

 

 

マネージメントが上手いと言われた。

 

 

親会社の本部長から、私を大事にするようにと言われてると、社長が教えてくれた。

 

 

子供が中学生ぐらいになったら、

経営陣として入ってほしいと。

 

 

自分は、まだまだまだ、未熟である。

皆んなが言ってくれるほど、できるわけではない。

 

 

期待にこたえられるか自信ない。

 

 

でも、自己肯定して、前に進もう。

皆、尊敬する。

 

 

夫にも子供にも、私を生んでくれた親にも感謝。

支えてもらう

会社に、プロジェクトを外してもらうよう

伝えた。

 

 

時々ならいいけど、今後出張が多くなると、会社に迷惑がかかるからだ。

 

 

旦那からずっと言われてて、自分のために家族のために決断した。

 

 

社長と、総務の人に相談。

そりゃそうだよね、と言って了承してくれた。

 

 

それを親会社に言ってくれて、本部長からも直々にメッセージあり。

 

 

私には気持ちよく仕事を続けてほしいと、

そのあたり、対処すると言ってもらえた。

 

 

最初、「じつは〇〇さんが…」と切り出したら、「え!」とすごく驚いて辞めると思ったみたい。「本部長は〇〇さんのこと、かってるように感じたよ。」と言われ、なんか、嘘でもうれしかった!

 

 

認めてもらえるって、嬉しい。